半音って何?全音って何?

最終更新: 4月24日


今回は半音と全音について考えていきたいと思います。

基本的なようで、考えていくと意外に奥が深いです。

半音や全音とは音と音の距離を表す言葉。

半音2つで全音1つと同じ距離です。

半音+半音=全音

楽器で考えるとどうでしょう?

ギターやエレクトリックベースは半音を理解するのに一番向いている楽器かもしれません。

これらの楽器は指板で隣にある音同士が必ず半音の関係になっています。

一方、ピアノはややこしいです。

白い鍵盤だけを弾くと、ドレミファソラシドと音が並んでいます。

この時、

ドとレの距離は全音。

レとミの距離は全音。

ミとファの距離は半音!

ファとソの距離は全音。

ソとラの距離は全音。

ラとシの距離は全音。

シとドの距離は半音!

なんで??

その理由ですが、

「ドとレの間には黒い鍵盤があるから全音。ミとファの間には黒い鍵盤が無いから半音。」

と言われます。

白い鍵盤だけを見るとドとレは隣にあるように見えます。

この時ドとレの間に黒鍵がはさまっていることを実感するために、鍵盤の手前側に布を置いてみます。

布を置いただけですが、ドとレが黒鍵を間に挟むため遠く、ミとファが近い距離にあるというのが分かりやすくなったのではないでしょうか?

ド●レ●ミファ●ソ●ラ●シ

という風になっていますね。

ドレミファソラシドの中に、半音の場所と全音の場所があります。この事を理解しておくと便利です。例えば音階を作る時に役立ちます。



オンラインレッスンをやっているので、疑問のある方はお気軽にどうぞ!


0回の閲覧