セカンダリドミナント

ハ長調( C Major key )の曲ではドレミファソラシの7つの音を中心に使います。


この7つの音だけを使って和音を作るとこのようになります。





ハ長調の曲でこの7つのコード以外のコードを使うにはどうしたら良いでしょうか?

例えば、セカンダリドミナントを使うという方法があります。


たとえばこのような曲があるとします。

ここにあるコードは2つともハ長調のダイアトニックコードです。



ここにヘ長調( F Major Key )の V7 → IM7 という進行を入れ込みます。

ヘ長調の V7 → IM7は、C7 → FM7 です。もともとあるFM7の前に、C7を挿入します。



ハ長調にない シ♭ が出てきましたが、V7 → IM7は1番基本的な進行なので、自然に聴こえると思います。


ここのC7がセカンダリドミナントと呼ばれるものです。セカンダリドミナントとは IM7 以外のダイアトニックコードを新しい I とした調の V7 です。ただし、VIIm7-5を I とするものはあまり使われません。


ハ長調の場合、セカンダリドミナントは以下の5つのダイアトニックコードが I になる調のV7 です。

Dm7

Em7

FM7

G7

Am7


これらを I にする調とは、以下の5つの調です。

D minor key

E minor key

F Major key

G Major key

A minor key


これらの V7 なので、セカンダリドミナントは以下の5つです。

A7( D minor key の V7 )

B7( E minor key の V7 )

C7( F Major key の V7 )

D7( G Major key の V7 )

E7( A minor key の V7 )


進行としては次の5パターンになります。この5つが、ハ長調でセカンダリドミナントを使う進行の基本的なパターンです。

A7 → Dm7

B7 → Em7

C7 → FM7

D7 → G7

E7 → Am7


上の話を一般化してローマ数字で書くと以下のようになります。



長調の場合、セカンダリドミナントは以下の5つのダイアトニックコードが I になる調のV7 です。

IIm7

IIIm7

IVM7

V7

VIm7


これらを I にする調とは、以下の5つの調です。

II minor key

III minor key

IV Major key

V Major key

VI minor key


これらのV7なので、セカンダリドミナントは以下の5つです。

VI7( II minor key の V7 )

VII7( III minor key の V7 )

I7( IV Major key の V7 )

II7( V Major key の V7 )

III7( VI minor key の V7 )


進行としては次の5パターンになります。この5つが、長調でセカンダリドミナントを使う進行の基本的なパターンです。

VI7 → IIm7

VII7 → IIIm7

I7 → IVM7

II7 → V7

III7 → VIm7

35回の閲覧