2.28.2018

最近春めいてきたので、そんなイメージで即興演奏してみました。良かったら聴いてみてください!

2.28.2018

魅力的な演奏というのは、演奏している人が自分の感覚を大事にしている事が伝わってくるものだと思います。本当によりどころになるのは自分自身の感覚だけだと思います。自分の感覚としっかりつながるために、練習があるのだと考えています。

2.25.2018

「自分にとって一番の強みは、自分にとっては当たり前で普通の部分。でも他の人にとっては特別に思えるような部分だ。」という言葉があります。
その場合、その強みは自分にとってなんでもないものなので、ことさらアピールするのが難しいかもしれません。いろいろな人の意見を聞くとだんだん自分の輪郭がはっきりしてくるのでしょうね。

2.24.2018

天気が良かったので即興演奏をしてみました。もし良かったら聴いてください。

2.21.2018

いろいろな場所に行っていろいろな方の話を聞くのですが、よく感じるのが覚悟の大切さ。
覚悟というと大げさだけど、その人が何を優先して生きているかというのは他の人にもきっと伝わるのでしょう。あることを優先するということは、他のことを捨てることでもあります。全部取ろうとすると何も取れないのでしょう。本当にほしいものがある時、それ以外のものをあきらめる必要も出てくるのでしょう。

2.20.2018

人を育てる時に、ほめて育てるかどうかという話があります。
私はほめて育てていきたいと考えています。

物事を学ぶというのはどんな分野でも長距離走のようなもの。どれだけ優秀だったり器用だったりしても、長い長い道のりを進んでいく必要があります。またその道のりは必ずアップダウンがあります。喜びや楽しみもありますが、つらい事やしんどい事もあります。

そんな状況の中「めげずに続けていくこと」こそが何かを成し遂げるのに一番大切な事だと思うのです。

だから、そばにいる人は暖かく励ましていく事が一番大事だと思うのです。

2.18.2018

ジャズのアドリブをできるようになるには何をしたら良いか、よく聞かれます。

全くゼロからのスタートの場合、一番大事なのはジャズの有名なCD、いわゆる名盤と言われるようなものをたくさん聴いてみる事だと思います。有名なCDは有名なだけあって、魅力がいっぱいで楽しいです(^^)

ジャズといってもいろいろなサウンドがあります。録音された年代を調べてみて、1920年代ぐらいから10年きざみぐらいで様々な時代のものを聴いてみると良いかもしれません。自分の好みに合うものが見つかると思います。


ところで、なぜアドリブを演奏するにあたって聴く事が大事なので...

2.15.2018

耳が良いというと、音を聴いた時にドとかレとか分かることだと思う方も多いかもしれません。もちろん音が鳴った時に音の名前がすぐわかる力も大事だし便利です。でも耳の良さとはそれだけでなくて、いろいろな良さがあります。

二つ以上の音が鳴った時、その二音の関係性をしっかり感じ取れると良いなあと思います。それには複数の音が合わさった時に生まれるいろいろな色や温度を味わっていくことが大事だと思います。
 

2.13.2018

ソルフェージュ。もともとフランス語ですよね。使い方に幅がある言葉です。

音楽家の基礎技能全般を指す時もあるし、楽譜をみて歌えるようにする訓練を指すときもあります。大学のソルフェージュの授業では「聴音」といってピアノで弾かれた音を楽譜に書きとったり、「初見視奏」や「初見視唱」といってはじめてみる楽譜をピアノで弾いたり歌ったりしました。

僕もソルフェージュと名の付くレッスンをしています。僕の場合は、音楽理論を身体で体感するようなやり方をしています。和音の種類や機能、またその繋がりを知識でなく体の感覚として理解してほしいのです。音楽の構造やリ...

2.11.2018

自分に与えられた器を満タンにして生きていこう、という人に会いました。なんか面白かったです。自分はどちらかというとスカスカに生きてきたかもしれません。それはそれで有りだけど、もうちょっと満たしていってもまた面白そうだと思いました。

Please reload

​カテゴリ
Please reload

最新記事

October 28, 2019

September 26, 2019

August 24, 2019

June 12, 2019

Please reload

アーカイブ
Please reload