感覚と理論


音楽は感覚でするものだと思います。 そして自分自身の中にある感覚を、他の人と共有できた時は幸せです。

いわゆる練習や勉強というのは過去や現在の素晴らしい音楽家に学ぶことだと思いますが、それは偉大な音楽家の持っていたある種の感覚を自分でも持とうとすることだと思います。

自分の中にない感覚を得ようとするので簡単ではありません。そんな時に役に立つのが理論だと思います。

理論や言葉でたどる事で、その音楽の形だけでも追うことができます。形を追うことで、あとから感覚がついてくるというのはよくある事です。