教える時には相手の良いところを探したいという話


プライベートレッスンや大学の授業をしているので、音楽を誰かに教える機会があります。

誰かに何かを教える時、たくさんの事を伝えようとしたりしっかり仕事をしたいと思えば思うほど、相手のことを否定してしまいそうになってしまいます。 これは怖い事です。

何かを学ぶことができるのは実際には本人で、先生はその手助けをするだけ。

何かを習得していく時というのは楽しいものですが、時には苦しい場面もあります。そんな時に音楽への愛情がしっかりあれば乗り越えていけるものです。 だから、先生は生徒が音楽を好きで居続けられるように、自分の音楽への愛情を示すべきだし、生徒の音楽に対する愛情をしっかり育んでいく必要があると思うのです。

そのためには生徒が持っている良い部分を認めて、その良い部分に気づいていると伝えるのが大事だと思います。

自己満足なレッスンにならないよう、生徒の良いところをしっかり見つけて伝えていきたいと思っています。


0回の閲覧