音程をとるときは


歌でも楽器でも同じだと思うのですが、音程をとるときは正確に高さをとろうとするよりも、その音程が持つ雰囲気・色合い・役割・空気感をしっかり感じようとした方がうまくいくと思います。 そっちの方がハモりやすいし、覚えやすいし、結果的として正確な高さの音になると思うのです。


17回の閲覧