柔軟であるためには


何をするにでも柔軟であった方がうまくいくことは多いと思うのです。そのためには、自分で自分の価値をしっかり信じていないと難しいですね。そうでないと、さまざまな風に吹かれた時に必要以上に踏ん張ってしまいます。根っこだけしっかり張って、あとは自由に柔らかくさせておきたいです。


6回の閲覧