かろば、なけん


今日は東京の某音大に通うバイオリン専攻の学生に楽曲分析のレッスンをしてきました。ショパンとプロコフィエフでした。プロコフィエフをがっつり分析するのはけっこうハードでしたが、たくさん発見がありました。面白い技をたくさん使っていました。クラシックの伝統をしっかり踏まえながらそれをずらしていく様子が面白かったです。そして今回のレッスンでもその生徒さんのまっすぐ音楽に向き合う姿勢にもとても刺激を受けました。毎日の生活に流されていってしまいがちですが、自分の目指す方向に向けて勉強する時間をきちんととっていきたいと思いました。

レッスンからの帰り道に「かろば、なけん」と妻からのメールが届きました。どうやら1歳になる娘が勝手にスマホを触って送ってしまったようです。今の僕にはそれが何を意味するかまだわかりませんが「パパも『かろば、なけん』だよ」と娘に向けて返信しておきました。それが何かわからずとも可愛い娘が言うなら「かろば、なけん」です。というわけで、明日から僕は「かろば、なけん」ですので皆さまどうかご周知くださいませ。


0回の閲覧