循環コードの一例

循環コードと呼ばれるコード進行があります。

ポップスでとてもよく使われる基本的な進行です。

ジャズやクラシックにも出てきます。

コード進行を覚えるならまず循環コードから覚えると良いと思います。




「循環」とはどのような意味でしょうか?


循環:ひとまわりして元にかえり、それを繰り返すこと。


だそうです。



終わりまでいったら、最初に戻ってまた繰り返すことのできる進行です。

というわけで、循環コードの特徴はこうなります。


循環コードは最後のコードから最初のコードに戻ることができる。



たくさんのパターンや変化した形がありますが、1つだけ例をあげてみていきます。


CM7 → Am7 → Dm7 → G7


これはこのように書くこともできます。


IM7 → VIm7 → IIm7 → V7


最後の V7 は I に進行することが多いです。

なので、この進行は循環することが出来ます。


実際に音符にしてみます。

弾いてみると、耳になじむ自然な感じがすると思います。





これを全ての調で弾けるようにすると、ポップスを弾く上ではとても便利です。

コードネームだけ書いておきます。


IM7 → VIm7 → IIm7 → V7


CM7 → Am7 → Dm7 → G7


FM7 → Dm7 → Gm7 → C7


B♭M7 →Gm7 → Cm7 → F7


E♭M7 → Cm7 → Fm7 → B♭7


A♭M7 → Fm7 → B♭m7 → E♭7


D♭M7 → B♭m7 → E♭m7 → A♭7


G♭M7 → E♭m7 → A♭m7 → D♭7


F♯M7 → D♯m7 → G♯m7 → C♯7


BM7 → G♯m7 → C♯m7 → F♯7


EM7 → C♯m7 → F♯m7 → B7


AM7 → F♯m7 → Bm7 → E7


DM7 → Bm7 → Em7 → A7


GM7 → Em7 → Am7 → D7

62回の閲覧