自分自身の心の声をそのまま

表現する時、お客さんに対して誠実であるためには、お客さんが好きそうなものを探るのではなく、自分自身の心の声が本当に求めるものをそのまま伝える事が大事なのだと思いました。 難しい事だけど、そうしていこうと思います。

ソルフェージュや耳の訓練をするとき

最近、YouTubeなどの動画サイトをみるときに、英語で音楽を教えてくれる映像をチェックしています。日本で受けてきた教育や自分で考えてきたことと似ている時もあるし、全然違う視点を教えてもらって勉強になることもあります。 ソルフェージュや耳の訓練についての動画をみていた時に、いいなーと思った言葉がいくつかありました。 ● 絶対音感と違って、相対的な音感は必ず身につけることが出来る。だから決してあきらめないこと。 音や音楽を聴くというのは、ただ聴くだけでなく、音を感じて体験するということ。 音を聴く時は決してがんばらない。音楽体験というのは、音を受け入れることだから。 音を聴くときには、音が自分の内面まで浸透するための時間が必要。 ● なんだかいい感じ。 またいろいろ回って面白い動画探してみますね!

クラシックのアナリーゼ(楽曲分析)をするとき

クラシックの演奏をしている方のために、アナリーゼ(楽曲分析)のレッスンをする時があります。その時にやっている内容を少し書いてみようと思います。 まず調性があるものとないもので大きくやり方が変わると思うのですが、今回はひとまず調性があるものを想定してみます。いわゆるハ長調とかニ短調とか決められる曲です。近代以降の曲だと調性を決められない曲もたくさん出てきます。 調性が決められる場合はまず調性を確認します。調号を確認して、メインの調が何なのか調べます。それから臨時記号などを見ながら、どこで転調しているのかを調べます。転調していることが感覚的に分かっている場合でも、具体的にどの音から次の調の色になっているかをはっきりさせると音の役割を整理することができます。そうすると演奏の説得力や曲の魅力も増すと思います。 そして拍子を確認します。いろいろな方をみていると、意外と拍子がおろそかにされがちなのだと感じます。拍子を確認するといっても難しいことをする必要はなくて、普通に口で「1、2、3、4」とカウントをしてから弾き始めるだけでリズムのノリが良くなることも多いです。 そして曲の構造を調べます。最初は繰り返している場所がないかどうかチェックします。そしてどのような流れを経て曲の最後にたどり着いているのかを調べます。 あとは演奏を聴いたりお話をきいたりして、納得がいっていなかったり消化しにくそうな場所を詳しく調べます。音楽の流れや音の役割がうまく理解できない時、少し音の整理をすることで音楽を作りやすくなることがあります。 感覚で音楽をとらえる事はとても大事なこと。地図のアプリで大きくしたり小さ

毎回が発見。音楽をどうやって楽しむか。

最近おかげさまで、レッスンや講習・講義などをさせていただく機会も増えてきました。対象の方は本当にさまざまで、小学低学年から高学年、高校生、大学生、30代の方、40代の方、さらに年上の方まで。 教える機会がどれだけ増えても、経験を積んで楽になるということはないと感じます。 同じような年齢の生徒さんでも人によって理解の仕方やものごとの感じ方は全然違うので、いつも伝え方を考えていく必要があります。でも仕事に慣れて単純作業の繰り返しのようになってしまうより楽しいかもしれません。 本当に、音楽を教えるというのは、いかに音楽の楽しさを伝えるかということにつきると思います。限られた時間で何かを伝えようとすると、ストイックになりすぎてしまう事もあるので気を付けたいと思います。

楽しいことなので

自分はもっともっと演奏が上手くなりたいし、音楽の事をもっともっと知りたいと思っているのですが、それはもっともっと自由に音楽を楽しみたいからです。音楽の事を知れば知るほど、音楽の豊かさ、美しさ、楽しさを感じることが出来ると実感しています。それは人生をもっともっと楽しくする事につながっていくと思うのです。